トオクニイキタイ

酒とラーメンへの逃避行です。たまに本当の旅にも出ます。気が向いたときに更新します。

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅⑥~終わりはあっさり(こってり)と

4月10日

 

旅の最終日

先日までとは変わって、やや汗ばむ春の陽気が戻ってきた

 

本日は天気も良く、陽光がまぶしい朝である

 

先日は朝早くから起き出して、伏見の稲荷山を登ったり、ハンバーガー食べたり餃子食べたり飲んだり餃子食べたりカレー南蛮食べたり餃子食べたりと、、、

 

なにに疲れたって、身体もそうだが、胃袋と肝臓がなあ、、、(笑)

 

最後の日ではあるが、さすがに一日遊び倒す気力も体力も無いので、引き上げるまでぶらぶらとすることにする

 

ちょっと観光も挟むためにそちらの方に歩いていく間に、、、

 

f:id:zakrello3906:20180705222322j:plain

 

朝ごはん食べよう

 

今回は宿の朝食を2泊とも手配していなかったので、路面店で頂くことにします

 

f:id:zakrello3906:20180705222604j:plain

 

おお、ちゃんと「朝ごはん」だ

朝ラーとかも検索したんですが、宿のある四条あたりからはどこも遠かったんで

ちゃんとした「朝ごはん」をと思いまして

 

四条通りにあります、「西洞院食堂」は、ご飯をメインに様々なおかずをチョイスし自分だけの朝ごはんを作り上げる形式だ。各々のおかずは100円前後なので、ちょっとしたお膳構成ならリーズナブルな朝食になる(取りすぎるとその限りではない)

 

f:id:zakrello3906:20180705223932j:plain

 

朝から「出汁巻」、、、アルコールはヌキで!

 

イノダの本店でモーニングも考えたんですが、前回のスマート珈琲店では観光客の込み具合に落ち着かない思いをしたので、今回は外しました。有名どころで優雅な朝を迎えるには、もっと早起きしないとダメなんで、、、

 

f:id:zakrello3906:20180705225045j:plain

 

まあ、そして、今日の目当てのお店が開くまで、軽くお散歩の「二条城」

 

ここは外人さんの数が殊更凄いですね~あまり落ち着ける場所ではなかったかなあ、、、もっとマイナーなところを選べば良かったかな?

 

サクッと回ってどんどん進みます。いつものように地下鉄を駆使して縦に横に

歩きも交えて腹ごなしも忘れずに、、、

 

f:id:zakrello3906:20180705232632j:plain

 

たどり着いたのは、三十三間堂の近くにあります

「茶味匠 清水一芳園」

 

昨年の夏に京都に訪れた際に候補として挙がっていたお店で、まあお茶屋さんなんですが、お目当ての品は

 

f:id:zakrello3906:20180714153831j:plain

 

このかき氷です

 

f:id:zakrello3906:20180714154122j:plain

f:id:zakrello3906:20180714154501j:plain

 

まだまだ夏には遠い季節でしたが、最近は仲間内でもかき氷を嗜む人も増えておりまして、たまにはあやかってみようかと、、、

 

適度な濃さのエスプーマにサクふわの氷、トッピングの小豆や練乳、白玉など

標高の高い氷を楽しむ間に変化を投じながら

 

うん、美味しいな

 

しかし、けっこうなボリュームで、しかも抹茶アイスが底に仕込まれたバージョンを頼んでしまったので、体が冷えて冷えて、、、(笑)

 

f:id:zakrello3906:20180714155037j:plain

 

ホットコーヒーとほうじ茶が、何気にありがたかったり、、、

 

 

さて、ちょっと冷えて固まった体をほぐしながら、今度は祇園のあたりまでてくてくと、、、

 

お昼ごはんとしましょう

選択肢はいろいろあったんですが、さすがに呑むのはやめておこうかな、、と

うどん、そば、丼ものとか。又、なにか食べていないジャンルとか

 

連日のテーマとしていた餃子は気になるお店が定休日だったので次回の宿題とすることにして、結局は、、、

 

f:id:zakrello3906:20180714161235j:plain

 

昨晩気になったラーメン屋さんを訪問することに

 

「ミヤタヌードル」

祇園の繁華街の中のビルの地下に降りていくラーメン屋さん

昼間もやっていますが、深夜も営業と言うことで、〆にも利用出来そうということでチェックはしていました

 

f:id:zakrello3906:20180714161658j:plain

 

京都のラーメン屋さんは、何気にこういう感じのが多いです

背脂のかかった濃厚そうなラーメン

 

ですが、どこもそんなにくどくはないですよ?

 

f:id:zakrello3906:20180714162054j:plain

 

卓上に、ニラキムチのボトルがありましたので、味変に投入

うん、これもサッパリピリリとしてウマい

 

今度は〆に使ってみようかな

 

f:id:zakrello3906:20180714162402j:plain

 

食べ終わってふらふら

 

次回に向けての場所のリサーチを行う。こちら「たつみ」さんは昼間から呑める立ち飲みで有名

 

f:id:zakrello3906:20180714162808j:plain

 

路地の奥には、先日からお邪魔している「すいば」の本店がみえますね

この界隈も「アリ」だな、、、

 

と、さすがにもう呑欲も食欲も薄れ、疲労感も漂って来ましたので、帰りの算段をば。次の日のこととか考えちゃう辺りが、ぶっちぎりに遊んでいた若いころとはもう違う感じです

 

さて、何度来ても飽きない京都

 

観光と言うよりは、ほぼ毎回食べてばかりですが、毎回違った発見がありますな

 

f:id:zakrello3906:20180714163952j:plain

 

最後、駅近の書店にて。ローカルなタウン情報誌仕入れるのは旅の醍醐味のひとつだったりしますが、これは次回の予習に最適かもな

 

酒も餃子もラーメンも、まだまだ楽しませてくれそうですね~京都

 

今回の一言  「春先の紀行文が夏に完成、、、すまんです」

 

2018年  58杯目、、、遡っておりますゆえ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅⑤~真打ミスターギョーザ

4月9日(月)

 

重い朝の運動から、軽い朝飯を済ませ、時間は午前10時チョイ過ぎあたりか

 

本日も腹ごなしに歩くスタイルは変わらない

 

東福寺駅から東寺駅あたりまで、九条の通りをてくてくと

 

汗も引いてきて、本日もそこそこ肌寒いですが動くには丁度良い

 

とはいえ少し疲れました。歩く速度は心持落とし、音楽聴きながらのんびりと

 

f:id:zakrello3906:20180623155030j:plain

 

東寺のあるあたりまでやって来ました

コチラは以前も訪れたこともある「ミスターギョーザ」

 

開店前、少々並びも発生するほどの人気店。11時の開店と同時にカウンター、テーブルともに埋まってしまいました。地元民と観光客も入交り、両方こなす繁盛店です

 

f:id:zakrello3906:20180623155723j:plain

 

まずはコチラ!

「キュウリのまる漬け」と「生ビール」

ここに来たらこのキュウリを食べないと始まらない!

 

本日も真昼間から失礼いたします

ギョウザの焼きあがるまでボリボリやります。周りでは餃子の他にラーメンを頼む人もいたり、自分のように昼間からビールな人もいたり。居酒屋のような食堂のような心地よい雑多な雰囲気の中

 

f:id:zakrello3906:20180623160332j:plain

 

パリッと焼きあがった餃子、2人前

 

コチラの餃子はとにかくバランス型といいますか、苦も無く何個でも頂けるような優しい味わい。昨日頂いた王将の餃子にも通じる所がありますな

ツマミとしても優秀、ごはんのお供としても優秀、ラーメンの付け合せとしても優秀の万能選手です

 

前回はこれにラーメンも頂いたんですが、今回は自重。今日はまだまだ先は長いですからね~

 

ほろ酔いの酒も相まって、なんか疲れも少々吹き出し、朝・昼と食べてしまったからお腹も満たされてしまった、、、

 

ぶらぶら観光しても良かったんですが、、、。まあ、とりたててプランも無かったし、旅のメインは飲み食いだしなあ~

 

贅沢にも、お昼寝します、、、一旦ホテルに戻り、胃薬を飲んでおやすみ~

夜に向けて英気を養う。寝る前に夜のプランを軽く組んで

 

夕方、再起動!第二部開幕!!

 

さて、本日の夜の一軒目は

いつもの祇園の居酒屋「遊亀」を考えていたんですが、予定変更

 

昨日「偶然」通りかかって入った立ち飲み「すいば」が良かったのと、ホテルの前に「偶然」その支店があるのを発見してしまったので~

 

f:id:zakrello3906:20180623163214j:plain

 

「すいば 烏丸高辻店」

に、開店を待って滑り込みました

 

ちょいと調べてみましたところ、本店は木屋町の方にあり、先日の蛸薬師、そして本日の烏丸高辻は支店。しかしながら、各店共に持ち味が違い、メニュー構成も違うというから、本日も期待できそうだ

 

f:id:zakrello3906:20180623163651j:plain

 

開店と同時、まだ外も明るいとあって、まだ他のお客は居ません

厨房の覗けるカウンターの端に陣取り、店内をさっと観察。先日と違い、店舗は地下にあるので、解放感よりはシックな落ち着いた感じが漂っています

 

f:id:zakrello3906:20180623164258j:plain

メニューはちょっと「洋」に寄った感じの構成かな。とはいえどれも安い&ひと手間かかってそうで楽しめそうだ

 

f:id:zakrello3906:20180623164857j:plain

 

コチラの支店にはこんなのもあるのね

 

f:id:zakrello3906:20180623165006j:plain

 

とりあえず「ハイボール」そしてピンチョスの中から「烏賊と烏賊墨」

 

正直言って、昨日の夜よりはテンションは低く、体も胃袋も肝臓も疲れは溜まっていので、ゆっくりと回していきますか、、、

 

f:id:zakrello3906:20180623165743j:plain

f:id:zakrello3906:20180623165842j:plain

 

生ハムはこちらの店限定。盛り合わせで頂きました

 

f:id:zakrello3906:20180623170032j:plain

 

日本酒も侮れない物が揃ってます。種類は多くないですが、仕入れによって変わっていくと思われ、訪れる度に違ったお酒を楽しめるのではないかな?

 

f:id:zakrello3906:20180623170249j:plain

 

先ずは石川の「五凛」を頂きます。グラスの下に枡も構え、恰好な量を注いでくれますよ。お値段も安い!

 

f:id:zakrello3906:20180623170627j:plain

 

デザインに魅かれて

兵庫の「唯々 朝の散歩道」

 

立ち飲みだとどっぷり落ち着くとはいかないんですが、はしご前提なら逆にそれが良いのかも!しかし、どの料理もウマそうでリーズナブルだよなあ。これ書いて写真見直してたら「ああ~これも頼めば良かった~」と思う事しきり

 

というわけで、アイドリングと言うにはいささか呑んでしまいましたが、河岸を変えることにします

 

この立ち飲みのスタイルの巡りは良いですねえ。料理もお酒もいわゆる「鉄板」から少し外れて、楽しませてもらえる。これはハマりそうだわ

 

さて、お次は順序的に(笑)餃子であります

 

昨日は「餃子の王将」 その一号店を伺ったわけだが、本日は同じ王将でもちょっと毛色の違うコチラ

 

f:id:zakrello3906:20180623171832j:plain

 

オーウ、、、「オウショー」ネ~

 

GYOZA OHSHO

 

そう、王将は王将でも OHSHO 

 

烏丸御池の別業態スタイルの王将に来訪しました

スタイリッシュでシャレオツな店内の調度に、立ち飲み用のテラスなんかもあるちょっと変わった王将ですよ

 

f:id:zakrello3906:20180623172247j:plain

 

もちろんオーソドックスな餃子もありますがメニューは王将とは違い一捻り

 

f:id:zakrello3906:20180623172457j:plain

 

小盛りのジャストサイズのメニューも揃え、食事にも呑みにも対応できるのは本店と同じ。客層も様々で外人の方や会社帰りの食事組のほか、居酒屋というかバル使いをしているグループも多数

 

f:id:zakrello3906:20180623173054j:plain

 

紹興酒ベースの「ドラゴンハイボール」と

 

f:id:zakrello3906:20180623173252j:plain

f:id:zakrello3906:20180623173950j:plain

 

ノーマルの餃子3個に、京風和風餃子を頂きました

 

この後もハシゴ予定だから軽めにね~

こちらもオーソドックスに旨くてリーズナブル

 

いいよなあ~京都の人達は、こんなの普段使い出来るんだもんなあ~

 

f:id:zakrello3906:20180623180555j:plain

 

そして恒例の酔いどれ徘徊

 

烏丸御池から木屋町の辺りまでやって来まして

 

f:id:zakrello3906:20180623180957j:plain

 

目に入ったんで、ふらりと入店

「麺房 美よし」

ここは場所柄遅くまでやっているうどん屋さんで、昼食・夕食のみならず、〆にも重宝しそうです

 

f:id:zakrello3906:20180623181303j:plain

 

とろとろの「カレーなんば」

 

そこそこお腹が貯まっている状態でも、カレーはするする入ってしまいます

お出汁の効いたカレーですがそこそこスパイシーで、

 

胃袋が又活性化してしまうな!!

 

f:id:zakrello3906:20180623181710j:plain

 

つるつるするりと入ってくる、アッツ熱のおうどん

これは何時食べても美味しいに決まっている!

 

f:id:zakrello3906:20180623182259j:plain

 

そして、腹ごなし、酔い覚ましに再度徘徊開始

夜の石塀小路から~

 

f:id:zakrello3906:20180623182448j:plain

 

八坂の塔あたりを巡り~

 

f:id:zakrello3906:20180623182656j:plain

 

八坂神社あたり~

 

あっ!  猫だ

 

などとふらふらと(笑)

 

そして、祇園のあたりまでやって来まして

 

f:id:zakrello3906:20180623183018j:plain

 

「餃子処 泉門天」

祇園の繁華街にある餃子屋さん。ここも深夜までやっているお店で、〆の餃子に良く選ばれるのだそう。その理由は~

 

f:id:zakrello3906:20180623183410j:plain

 

小ぶりなサイズと、さっぱりとした「しそ餃子」

ビールの一杯もやりたいところだが、飲み物は黒烏龍茶にしましたよ

 

いやはや、今日も良く食べて良く歩いた~

 

さすがに〆は餃子を最後にし、ラーメンはやめておきました

近くに気になるお店はあったんですがね、、、

 

疲れもしましたが、いろいろなお店を訪問することが出来た

腰を落ち着けて呑むのも良いですが、アクティブに呑みまわるのも楽しい

 

まだまだ京都には楽しみが満ちている

来るたびにいろいろな楽しみを発見してしまいますなあ~

 

今回の一言  「観光は、、、?(笑)まあいいか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題~最近のおひるごはん~麺や虎徹・飯村製作所・中華蕎麦 志~

紀行文が貯まると更新スピードがどうしても遅くなってしまう

しかも、6月になって職場も仕事の内容もガラリと変わりまして

 

忙しい?いや、忙しくない?

これでいいのか?いや、良くない?

 

様々な葛藤が心を千々に乱し、どうにもテンションが上がらぬというか、すっきりしないんですよな

 

ようやく住み慣れてきた柏も、今月で引き払う事となり、まあ、これも心が沈むひとつの大きな要因

 

さて、どうなることやら

 

とりあえずどうなったかと申しますと

 

今まで固定の職場で終日だったのが、ちょっとあちこち出歩く機会が増えまして

お昼ご飯とか、外で食べられる時が!

 

まあいい、この点は素直に喜ぼう

 

まず一発目は、つくばの「飯村製作所」さんへ

 

駐車場が運よく空いていたのでイン!

 

「濁り中華そば」頂きました

 

f:id:zakrello3906:20180611213619j:plain

 

魅惑のチャーシュー増しで

 

こってりでもあっさりでも無い。濃くもない薄くもない。ビターな大人の中華そば

 

この日は暑くて「つけ」でも良かったんですが、「つけ」とか「汁なし」とかを食べると、必ず「汁そば」も食べたくなってしまうので、、、

 

仕事で体を動かす機会が減ってしまったので、機会は増えるが量は自重しないとね

しばらく「連食禁止」を課します

 

 

さてお次はちょいと行方まで足を伸ばしまして

 

「麺や 虎徹」さんへ

 

f:id:zakrello3906:20180611214426j:plain

 

この日も暑く、虎徹さんの夏の風物詩「薬涼つけ」が始まっているかと期待して行きましたが、、、まだでした~

 

と、この1日後に始まったという、、、チョイ早かったか!

 

f:id:zakrello3906:20180611214907j:plain

 

「背脂地鶏中華そば」

選べる麺は手もみに、釜焼きチャーシューにワンタンをトッピングと豪華仕様にて

 

f:id:zakrello3906:20180611215353j:plain

 

ぷりぷりのワンタンに!

 

f:id:zakrello3906:20180611215447j:plain

 

色目からしてジューシーな釜焼きチャーシュー!!

 

背脂で甘味の増したスープは見た目とは裏腹にすっきりグビグビ行ける

連食は控えるが、汁完は譲れないねえ~

 

そして、お次は

 

ひたちなかの「中華蕎麦 志」さん

ここも駐車場が空いてたらと通ったところ、店の前に一台空きがあってラッキー!

 

この日も(笑)暑かったので!

 

f:id:zakrello3906:20180611220052j:plain

 

限定の「冷やし煮干そば」を狙って来ましたわよ?

昨年食べてウマウマだった記憶が甦る

 

f:id:zakrello3906:20180611220224j:plain

 

他の魅力的な限定もヤバそうでしたが、、、スワローとかめっちゃ気になるんですが!!自重自重自重自重!

 

f:id:zakrello3906:20180611220530j:plain

 

爽やかなビジュアルと共に、冷やし煮干見参!

 

f:id:zakrello3906:20180611220725j:plain

 

この薬味達が良い仕事してるんですよね!

良く〆られたザックリとした細麺の食感も「冷やし」ならではですな!

 

f:id:zakrello3906:20180611221120j:plain

 

連食は我慢ですが、、、和え玉はノーカウントってことで

 

一緒に行った上司が、この「和え玉」というシステムのコスパにいたく感動しておりました(笑)

 

そんなこんなで、しばらくは根無し草の流浪の身

 

多少の後ろめたさも感じつつですが、、、楽しむとしますかね

 

どーせ後には地獄が待ってるんだしな!

 

 

今回の一言  「憧れのシチュだが、、、素直に喜べない自分」

 

2018年 93・94・95杯目

 

 

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅④~朝の伏見稲荷

4月9日(月)

飽食の一日目も明けて、この日は早起き、、、出来ました!

 

昨日は飲み食いばかりで、観光らしい事は行っておりませんでしたが

本日先ずは6時頃に宿を出発し~

 

f:id:zakrello3906:20180602192557j:plain

 

伏見稲荷

 

一度訪れたことはありましたが、その時は雨、しかも混み合っており、そのズバらしさを堪能出来ませんでしたので、再訪

 

伏見稲荷は入場の時間に制限はありませんので、今回は混み合う前、早朝からやって参りました!

 

時刻は朝7時前。春先の空気は冷たく白息は白い位。薄手のパーカーではいささか寒いが、まあ、動けばちょうど良い位になるであろう。とはいえ暖かいお茶のペットボトルを1本買って出発

 

観光客は少ないが皆無とは言えず。日本の方よりも外国の方の方が多かったかな

 

この伏見稲荷は、千本鳥居の景観が有名ですが、その奥にも稲荷山が広がっており、頂上まで行こうとすると結構な体力と時間がかかります。今回は時間もあるし天気もいいし!この稲荷の御山の頂上を目指してみようと早起きして来た次第です

 

f:id:zakrello3906:20180602193938j:plain

 

所要時間は約2時間~3時間ほど

 

f:id:zakrello3906:20180602204048j:plain

 

早朝なので観光客も少な目

少し足を止めれば、人のいないタイミングで写真が撮れますな

 

f:id:zakrello3906:20180602221400j:plain

 

鳥居から外れて外を見れば、朝の日差しが盛りの木々たちに斜めに差し込んでいる

 

f:id:zakrello3906:20180602221729j:plain

f:id:zakrello3906:20180602221951j:plain

 

途中から結構な勾配も混じり、肌寒さも心地よく感じられるくらいに

登るにつれて人も少なくなり、その点も快適に

 

早朝サイコ~!!

 

これは早起きした甲斐があったというもの

 

何ヶ所かチェックポイント的な社を抜けて、さらに上を目指すこと、結局1時間位登って行きましたかね?

f:id:zakrello3906:20180602222832j:plain

 

TOP OF THE MOUNTAIN!!

 

山頂に到着!!

 

ちょっと小休止~

もう冷えてしまいましたが、出がけに購入したお茶をぐびぐび。でも、体も温まっていたので冷たくなったお茶がウマい

 

時間も体力も使うけれど、この達成感と早朝の人の少なさはかなりおすすめですねえ~紅葉の時期もサイコ~だろうなあ

 

f:id:zakrello3906:20180602231024j:plain

さらに進んでアラウンド~山の裏側の方はさらに人気も無く、独り占め状態

 

f:id:zakrello3906:20180602231517j:plain

 

f:id:zakrello3906:20180602231704j:plain

 

こんなタルンだキツネもいます

 

かなりハイテンションで歩き回ったせいか、下山した時にはけっこうへとへとに~

 

次の目的地までは少し歩くし、腹も減ったので少し休憩することに

 

f:id:zakrello3906:20180602232133j:plain

f:id:zakrello3906:20180602232231j:plain

 

東福寺駅の近くに、良さげなハンバーガー屋さん発見

 

[DRAGON BURGER」 さんに立ち寄りました

 

なんの予備知識も無く偶然入ったんですが、後で調べたら雑誌に載るくらいに有名な所だったんですね

 

おすすめのハンバーガーも迷ったんですが、次が控えていますので、軽めのモーニングからチョイスしました

 

f:id:zakrello3906:20180602232816j:plain

 

フライドエッグバーガーのセットを頂きました

 

f:id:zakrello3906:20180602232916j:plain

 

うわ!  コレ うま!!

 

目玉焼きのフライにコールスロー的なサラダがはさんであるんですが、とろーり卵とドレッシング的なソースが合う!

 

付け合せのポテトもカリカリでうんマイ!!

 

コレは是非再訪して、肉を使ったハンバーガーメニューも試してみたいですな

 

サプライズ的に良い店に巡り合えて、テンションも再燃!

 

さて、一息ついたところで、次の目的地に向かいますかね~

 

 

今回の一言  「伏見稲荷は、、、夜も登ってみたいな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅③ 餃子の王将!

4月8日(日)

 

早い時間から呑み始め、ようやく帳が降りはじめた頃

 

今回の旅の目的のひとつでもあるお店に向かう

 

そこそこ酔いも回っていたので、歩くペースはゆっくりに蛸薬師通りを西へ。なんの変哲もない街の路地を歩くの大好きです。きょろきょろと視線を巡らし雰囲気を満喫。この時間帯に異郷の地を歩くのは、旅でないと絶対できない事なので、この時間から夜の時間にかけての徘徊は旅の贅沢な時間帯ですね

 

堀川通りを南に折れ、四条通りを西に。大宮駅のあたり

 

f:id:zakrello3906:20180529142429j:plain

 

そう、全国に展開する「餃子の王将」。四条大宮店が1号店なんです

 

ビル丸ごと餃子の王将で、1階から3階までが営業フロア。1階はカウンターメインで、厨房が見渡せる景色が良い。おひとり様が多く、そして高確率で皆さん餃子で一杯やっております!

そして入り口近くの会計所では、お持ち帰りの餃子の販売も賑わっていてホイホイと客が来てさっと買って帰るという光景が

 

さて、自分はカウンターの空き席へ。家族連れは上の階へ案内されていたから、上がテーブルのファミリー席なのかな?

 

f:id:zakrello3906:20180529143046j:plain

 

このジャストメニューの存在は呑み使いには有難い

 

散々食べ続け呑み続けの1日ですが、ちょと摘むにはもってこいのサイズとお値段。餃子の3個120円なんて、絶対頼んじゃうだろ

 

f:id:zakrello3906:20180529143906j:plain

 

程なく到着。酒はチューハイにしておきました(見た目ほとんどオレンジジュースですが)。小さいカニ玉と餃子1人前!

 

写真撮り忘れましたが、タレが2種類あって「ゆず」風味の餃子のタレが美味しかったなあ!!

 

f:id:zakrello3906:20180529144622j:plain

 

パリっと焼けた餃子は、関東で食べるものよりも美味しく感じるのは何故だ?!

 

いや、実際かなり美味しい。万人受けのバランス型だが、いくらでもイケちゃう感じだ。ここ最初に来ていたら、いろいろ止まらなくなっていたかも!

 

安定の美味さに、街の中華屋さん的な雰囲気がホント良かった。のんびりくつろぐも良し、軽く呑み使いも良しで、近所に欲しいですね!

 

お腹もそこそこ膨れ、酔いもそこそこ回り、とはいえ未だに明るい京都の夜の街

 

そういえば、ここに来る途中に気になるお店がありましたっけ

 

f:id:zakrello3906:20180529150338j:plain

 

街中にひっそりと、しかし思わず入りたくなる吸引力

 

「すいば 蛸薬師室町店」

 

本日2軒目の立ち飲みへ!

この「すいば」は京都に何店舗かあり、普通の立ち飲みとは違ったシャレた雰囲気と料理たち、そしてリーズナブルなお値段が人気なんだとか。名前は知っていましたが来るのは初めて。立ち飲みだとサクッと使えて、はしごも出来るのが楽しいですね

 

腰を落ち着けて呑むのも良いですが、ちょっとずつ飲み歩くのも又善し!

 

f:id:zakrello3906:20180529151530j:plain

 

カウンター端の落ち着くスペースを確保

厨房も覗けて、壁を背に店内も見渡せる良いスポットだ

 

f:id:zakrello3906:20180529151719j:plain

 

お酒のメニューも豊富。日本酒も数は多くないですが良いラインナップ。そしてお料理はちょっと洋風の変わったものが多く、しかも

 

安いな!!

 

ここも1軒目に来たらヤバそうなお店だな。止まらなくなりそうだわい

 

レモンサワーに明太オムレツで乾杯。本日何度目だ?

 

f:id:zakrello3906:20180529152302j:plain

 

続いては長芋の唐揚げに巨峰サワー。薬も補充!

 

f:id:zakrello3906:20180529152514j:plain

 

料理の量もちょっとずつでいろいろ試したくなる。腹減ってたらガツガツ行ってしまいそうだが、かなり満たされた今の状態には、これくらいがちょうど良い

 

ペースをかなりゆっくり目に、酒と料理と雰囲気を楽しむ。京都で立ち飲みってのも、逆に贅沢で悪くない。しかも、この立ち飲みのお店からして、下町で呑む立ち飲みとはちがった雰囲気がこれまた良い

 

このツアーテーマは大正解だったな!

 

f:id:zakrello3906:20180529153010j:plain

 

立ち飲みで「作」とか置いてあるんだもんなあ~しかも安い

 

f:id:zakrello3906:20180529153102j:plain

 

この「焼きカプレーゼ」がめったくそ旨かった!!

 

これだけ楽しめばね!お腹もいっぱいで、かなり満ち足りた気分ね~

 

でもね~まだ21時位か?

少し歩いてみようかな~?

〆の料理も食べてないしなあ~?

 

酔い覚ましに徘徊はいつものこと

 

でも本日は日曜の所為か、閉まるのが早いお店が多いかな?街の雰囲気も急速に夜が更けていく感じ

 

f:id:zakrello3906:20180529155451j:plain

f:id:zakrello3906:20180529155530j:plain

 

ふらふらと、先斗町木屋町を徘徊し、祇園のあたりまでやってきましたが、、

 

f:id:zakrello3906:20180529155635j:plain

 

あら、お休み!

そういえば日曜なのを失念していたわ

 

f:id:zakrello3906:20180529155802j:plain

 

まあ、別のところでリカバリーしましたがね

 

先日も寄った「たか松」の四条店にて

前回気になったつけ麺を頂く

 

しかし、、、今にして思うが、、、

 

良く食うな!俺!

 

まあ、今日は歩いたもんね。本日の京都は徒歩のみ!相殺出来てるかな?

 

今回の一言  「京都の、日常、これはある意味贅沢」

 

2018年  57杯目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅②

4月8日(日)

 

まだ陽も高い15時チョイ前

 

ラーメン~ヤキメシ~餃子との昼飯コンボを済ませ、ビールも頂きアイドリングはバッチリ。適度に歩き、体の回転数も上がってきた

 

早めに宿にチェックインを済まし、余分な荷物を置いて身軽になったら

 

さて、行動開始です

 

本日は日曜。普段は夕方にならないと開店しないお店も日曜なら早開けをしている所がある。雑誌などでも紹介され、先日の紀行では本店の前を通りかかり気になっていたお店の支店があるというので寄ってみることにする。日曜は15時開店

 

烏丸通りから蛸薬師通りに入って少し

入り口は小さく、看板も控えめ。最初は見つけられませんでした(笑)

ちょっとうろうろして~ああ、ここか

 

f:id:zakrello3906:20180525102523j:plain

 

日本酒をメインとした立ち飲み居酒屋

「サケホール 益や」さん

 

狭い入口から細い通路を抜け奥が店舗となっています

いやあ、この看板のラインナップからして、心躍るではありませんか

 

f:id:zakrello3906:20180525102832j:plain

f:id:zakrello3906:20180525102900j:plain

 

シックにまとまった店内はこんな感じ

中庭からはまだ陽光が差し込み薄暗い店内を照らしています

日曜の早い時間。ちらほらと後客がやって来ましたが、一番手で入店

 

店内の席は、椅子のあるテーブル、スタンディングのテーブルに、スタンディングのカウンター。ただしカウンターには腰の位置にバーがあり、半座りというか、寄りかかってくつろげるようになってます。店内と厨房の奥が見渡せるカウンターに陣取り、メニューを開きます

 

f:id:zakrello3906:20180525103346j:plain

 

うは!全部飲んでみたい!!

とりあえず有名どころはそつなく抑えていますね!

f:id:zakrello3906:20180525103609j:plain

 

先ずは、以前松本で呑んだこともある「ソガ ペールエフィス」

長野のワイン蔵が冬の暇な時期に(笑)暇つぶしに作っているという日本酒

軽い口当たりで、一杯目にはもってこいです

 

f:id:zakrello3906:20180525103955j:plain

 

またもや、ぽてサラ。でもぽてサラは店ごとに個性があってどこで頼んでも楽しいよね~。ツマミのラインナップは量的には多くない、まさに酒のアテとしては最適のものが揃ってます。ちょっとツマミながらちびちびやるのに丁度よい分量。メインとする酒を邪魔しないよう、わき役に徹する感じですね

f:id:zakrello3906:20180525104425j:plain

 

フォトジェニックに飾られた乾物たちや

 

f:id:zakrello3906:20180525104528j:plain

 

気になる酒をカウンターに飾ってあるのも心憎い

この琥珀色のお酒、、、古酒が気になる、、、

 

f:id:zakrello3906:20180525104711j:plain

 

二杯目は呑んだことの無いお酒を選択

滋賀の「浅芽生(あさぢお)」

うす濁りのお酒はなんとペットボトルに入っています

 

知らないで頼みましたが、いいネタに巡り合えた

 

f:id:zakrello3906:20180525105116j:plain

 

〆サバ追加

生姜を利かせて、口の中をリセットしながら頂く

 

f:id:zakrello3906:20180525105328j:plain

 

ここで、気になっていたお酒に突撃してみた

「純米古酒 千代」 奈良のお酒です

濃密な香りと味。この変化球は鋭く内角に食い込んでくるね

 

メニューには載ってないんですが、目の前に飾られていては呑まん訳にいかんだろ?以前、古酒を初めて呑んだ時にその風味と香りに「おっ!ウマいじゃないか」とやられましたが、古酒を置いてあるお店はあまりありませんからね~

 

ここは一杯ごとにグラスも違ったデザインのものが供される

見た目も楽しい心配りは良いですね

 

f:id:zakrello3906:20180525105916j:plain

 

鶏の塩ユッケ。ツマミも濃い味のものを挟んでみた

 

f:id:zakrello3906:20180525110035j:plain

 

さて、次は「作」を頂きたかったのですが、本日は入荷遅れとのことで、、、

 

f:id:zakrello3906:20180525110204j:plain

 

知っているお酒に逃げてしまった、、、

おなじみの「新政 No.6」秋田のお酒です

スッキリとした中にも骨がある、芯の通ったお酒です

 

f:id:zakrello3906:20180525110359j:plain

 

秋田のお酒に合わせて、ツマミも「いぶりがっこ」を頂く

 

酔いも回ってきて、店内も賑やかになってきた

奥のテーブルは仕事の接待使いかな?おじ様達が適度なボリュームの喧噪を演出

女子二人のスタンディングテーブルは酒よりも料理が気になっている模様

隣のおじさんは自分と同じスタンスかな?日本酒のメニューから気になるものを繰り出してくる、、、他人のお酒も美味しそうに映りますなあ

斜向かいのカップルは、、、ビールばっか飲んでるやんけ(笑)まあいいけどね

 

そして最後に頂いたお酒にガツンとやられましたね!!

 

f:id:zakrello3906:20180525111013j:plain

 

「花陽浴(はなあび 備前雄町」 埼玉のお酒です

春らしくラベルも華やかに、そして味も、ぱあっと花開く感じ!

 

f:id:zakrello3906:20180525111253j:plain

 

そして、再認識したのが、自分はこの「備前雄町」って酒米が好きなんだということ!以前秋田の「山本」の備前雄町を旨いなあと感じたのがすごく印象に残ってましたが、これで確信した!

 

〆の酒ですっかりいい気分!!

 

適度なところで腰を上げて、次のお店に繰り出すとします

 

立ち飲みながらにしっとりと落ち着けて、サクッと呑めるこのお店は、又来てしまいそうだなあ~

新たな発見と共に店外へ出ますと、まだ陽も高く、、、日差しとちょっと冷たい風が心地よいですね。

 

さて、少し歩くか、、、

 

今回の一言  「日本酒呑みには中毒性の高いお店ですね、、、又行きたい!」

 

 

 

 

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅①

4月8日(日)

 

うちの会社はいわゆるカレンダー通りの休みは無く

ひと月の中で既定の回数の休みを割り振る方式なのだが

祝日とかも関係無く月9回が固定なので、つまり連休と言うものが極端に少なくなってしまう。混み合うのが嫌いな自分としては、世間的な平日に休みが取れるのはありがたいが、他の人とも休みを合わせづらいし、又職場の他の人とのスケジュールの兼ね合いもあるので前もって指定を入れるのはなかなか難しい

 

そんなもんで、いつも休みの計画は急こしらえのなるわけだが、、、

 

この月は、年次に消化しなくてはならない3連7連休のうちの3連の割り当てとなったので、さて、どこへ行くか~(連休=旅行が脳内直結してます)

 

今回も準備期間が少ない。シフトが決まってから周りの状況を鑑み、1週間の猶予しかない

 

最近は暑くなったり寒くなったり、天気も気温も不安定だ。東北の方に車を走らせに行こうとも考えたが、どうやら天気が悪いらしいし、雪マークも着いている。だめだ

 

行ったことの無い土地で思い浮かぶのが、九州、北陸。でも北陸は車で行ってみたいし、しかも不慣れな土地は情報収集する時間が無さすぎる

 

行ったことのある所だと、広島?久しぶりにお好み焼き食べに行きたいなとも思ったが、、、などとうだうだしている間に

 

2日前になってしまった!!休みの前の連勤で時間も無かった!!しかもめちゃめちゃ疲れたしいいいい~

ええいもう、勝手知ったる所でいいや~というわけで

 

f:id:zakrello3906:20180518183334j:plain

 

ほぼほぼノープランで

 

再び京都に行くことにしました~。先月も行ったのに(笑)

 

前回と同じく朝は控えめにコーヒーとブルディガラのパン。ウォークマンには新しく仕入れたやつをぶち込み(曲自体は新しいどころかめちゃ古い)

 

あまり寝てないので、新幹線で爆睡するつもりでしたが、乗り過ごしを考えるとうとうとしか出来なかった、、、

 

 

んで

 

京都!着いて早々!朝ラー!

時間は10時。こちらの有名店もまだ行列は出来ていませんでした

 

f:id:zakrello3906:20180518185150j:plain

f:id:zakrello3906:20180518185328j:plain

 

新福菜館にて、まずは喉の消毒。花粉症も治まってきたとはいえ、まだまだ。ついでに薬も飲んでしまおう。朝から呑むビールはウマいっす

 

f:id:zakrello3906:20180518185527j:plain

 

今回は〆じゃないから、お腹にも余裕がある!ヤキメシも頼んでしまいました!

ラーメンには生卵も落としちゃったもんね!

 

f:id:zakrello3906:20180518185734j:plain

 

朝から背徳的な濃さ。染みた麺と絡む黄身がうんマイ!!

 

f:id:zakrello3906:20180518185935j:plain

 

この色の濃さはインパクト大ですが、ラーメンと同じくそんなにしょっぱい訳ではない。ウマいヤキメシです!

 

軽く腹ごなしを済ませ、観光的にはノープラン

 

調べてきたのは飲食店ばかりという、、、。とりあえず今日は歩く!

 

f:id:zakrello3906:20180518190756j:plain

 

鴨川沿いを北上。桜の種類によってはまだ咲いているものもあります

 

この日の天気は薄曇り。陽光が少ない分、ちょっと薄着で来たので肌寒い

ここ最近暖かかったので、ちょっと誤算だが、まあ我慢できないほどではない

 

さて、今回の旅はもう割り切って飲み食いの旅なわけだが、テーマとしては、最近ちょっと気になった記事が目に留まったジャンルを選択してみた

 

ひと月前に来たときは、王道の鉄板という呑みのお店だったので、今回は、呑みも食べるもちょっと変化球で行きます

 

腹ごなしに歩き回るのは毎回のこと。宿へのチェックインを間に挟む形でルートを構築し、2軒目に向かいます

 

鴨川沿いから四条通りを西に折れてさらに進み

 

f:id:zakrello3906:20180518192536j:plain

 

餃子を食べに!

「高辻 亮昌」来訪です

 

そう、今回の旅のテーマは

 

ぎょうざですww!!

 

なんで京都で餃子なのかは後でお答えします

 

コチラの餃子は和風のお出汁を利かせた味が特徴とか

実はワタクシ、にんにくが苦手でして、風味つけ程度ならば平気なんですが、がっつり利かせたものはあまり得意ではない。なので、こういった優しい味わいの餃子のジャンルは好みだったりします。ひとによっては物足りなく感じるかもしれませんがね

 

f:id:zakrello3906:20180518193145j:plain

 

って、あれええ(笑)ぽてサラ!?

 

いや、まあ、餃子が焼けるまでの間のツナギにね、、、

 

シャレオツな店内の焼き場の前のカウンターは居酒屋使いにも最適

ちょっとしたツマミも取り揃えております。もちろんご飯やみそ汁などが付く定食スタイルも完備して、幅広い用途に対応可能

 

って、なに言い訳してんのよ

 

f:id:zakrello3906:20180518193726j:plain

 

こんな感じ

 

そして、待つこと暫し、、やって参りました

 

f:id:zakrello3906:20180518193853j:plain

 

カリッと焼きあがりました、やや小ぶりの餃子。卓の奥にはタレの他に、薬味として黒七味とか辣油とか

 

f:id:zakrello3906:20180518194106j:plain

 

辣油は、揚げ昆布が入った自家製。むむ、コレ美味しいなあ

 

f:id:zakrello3906:20180518194158j:plain

 

定食使いをする人はダブルで頼めばよいよい

 

ツマミとしてはこれで十分だが、薬味の味変を楽しむのだったらもう一皿行っても良かったかも?優しい味わいで野菜多めの餃子ですが、物足りなさは感じずギュッと詰まった旨味がサイコ~ですね

 

さて、更新が遅れがちでひと月前のレポになってしまいましたが

 

今回は喰い呑みたおす所存であります!

 

今回の一言  「はたして、胃袋と肝臓は大丈夫か?」

 

2018年  56杯目