トオクニイキタイ

酒とラーメンへの逃避行です。たまに本当の旅にも出ます。気が向いたときに更新します。

京都再び 春の3連休~京都餃子と立ち飲みの旅①

4月8日(日)

 

うちの会社はいわゆるカレンダー通りの休みは無く

ひと月の中で既定の回数の休みを割り振る方式なのだが

祝日とかも関係無く月9回が固定なので、つまり連休と言うものが極端に少なくなってしまう。混み合うのが嫌いな自分としては、世間的な平日に休みが取れるのはありがたいが、他の人とも休みを合わせづらいし、又職場の他の人とのスケジュールの兼ね合いもあるので前もって指定を入れるのはなかなか難しい

 

そんなもんで、いつも休みの計画は急こしらえのなるわけだが、、、

 

この月は、年次に消化しなくてはならない3連7連休のうちの3連の割り当てとなったので、さて、どこへ行くか~(連休=旅行が脳内直結してます)

 

今回も準備期間が少ない。シフトが決まってから周りの状況を鑑み、1週間の猶予しかない

 

最近は暑くなったり寒くなったり、天気も気温も不安定だ。東北の方に車を走らせに行こうとも考えたが、どうやら天気が悪いらしいし、雪マークも着いている。だめだ

 

行ったことの無い土地で思い浮かぶのが、九州、北陸。でも北陸は車で行ってみたいし、しかも不慣れな土地は情報収集する時間が無さすぎる

 

行ったことのある所だと、広島?久しぶりにお好み焼き食べに行きたいなとも思ったが、、、などとうだうだしている間に

 

2日前になってしまった!!休みの前の連勤で時間も無かった!!しかもめちゃめちゃ疲れたしいいいい~

ええいもう、勝手知ったる所でいいや~というわけで

 

f:id:zakrello3906:20180518183334j:plain

 

ほぼほぼノープランで

 

再び京都に行くことにしました~。先月も行ったのに(笑)

 

前回と同じく朝は控えめにコーヒーとブルディガラのパン。ウォークマンには新しく仕入れたやつをぶち込み(曲自体は新しいどころかめちゃ古い)

 

あまり寝てないので、新幹線で爆睡するつもりでしたが、乗り過ごしを考えるとうとうとしか出来なかった、、、

 

 

んで

 

京都!着いて早々!朝ラー!

時間は10時。こちらの有名店もまだ行列は出来ていませんでした

 

f:id:zakrello3906:20180518185150j:plain

f:id:zakrello3906:20180518185328j:plain

 

新福菜館にて、まずは喉の消毒。花粉症も治まってきたとはいえ、まだまだ。ついでに薬も飲んでしまおう。朝から呑むビールはウマいっす

 

f:id:zakrello3906:20180518185527j:plain

 

今回は〆じゃないから、お腹にも余裕がある!ヤキメシも頼んでしまいました!

ラーメンには生卵も落としちゃったもんね!

 

f:id:zakrello3906:20180518185734j:plain

 

朝から背徳的な濃さ。染みた麺と絡む黄身がうんマイ!!

 

f:id:zakrello3906:20180518185935j:plain

 

この色の濃さはインパクト大ですが、ラーメンと同じくそんなにしょっぱい訳ではない。ウマいヤキメシです!

 

軽く腹ごなしを済ませ、観光的にはノープラン

 

調べてきたのは飲食店ばかりという、、、。とりあえず今日は歩く!

 

f:id:zakrello3906:20180518190756j:plain

 

鴨川沿いを北上。桜の種類によってはまだ咲いているものもあります

 

この日の天気は薄曇り。陽光が少ない分、ちょっと薄着で来たので肌寒い

ここ最近暖かかったので、ちょっと誤算だが、まあ我慢できないほどではない

 

さて、今回の旅はもう割り切って飲み食いの旅なわけだが、テーマとしては、最近ちょっと気になった記事が目に留まったジャンルを選択してみた

 

ひと月前に来たときは、王道の鉄板という呑みのお店だったので、今回は、呑みも食べるもちょっと変化球で行きます

 

腹ごなしに歩き回るのは毎回のこと。宿へのチェックインを間に挟む形でルートを構築し、2軒目に向かいます

 

鴨川沿いから四条通りを西に折れてさらに進み

 

f:id:zakrello3906:20180518192536j:plain

 

餃子を食べに!

「高辻 亮昌」来訪です

 

そう、今回の旅のテーマは

 

ぎょうざですww!!

 

なんで京都で餃子なのかは後でお答えします

 

コチラの餃子は和風のお出汁を利かせた味が特徴とか

実はワタクシ、にんにくが苦手でして、風味つけ程度ならば平気なんですが、がっつり利かせたものはあまり得意ではない。なので、こういった優しい味わいの餃子のジャンルは好みだったりします。ひとによっては物足りなく感じるかもしれませんがね

 

f:id:zakrello3906:20180518193145j:plain

 

って、あれええ(笑)ぽてサラ!?

 

いや、まあ、餃子が焼けるまでの間のツナギにね、、、

 

シャレオツな店内の焼き場の前のカウンターは居酒屋使いにも最適

ちょっとしたツマミも取り揃えております。もちろんご飯やみそ汁などが付く定食スタイルも完備して、幅広い用途に対応可能

 

って、なに言い訳してんのよ

 

f:id:zakrello3906:20180518193726j:plain

 

こんな感じ

 

そして、待つこと暫し、、やって参りました

 

f:id:zakrello3906:20180518193853j:plain

 

カリッと焼きあがりました、やや小ぶりの餃子。卓の奥にはタレの他に、薬味として黒七味とか辣油とか

 

f:id:zakrello3906:20180518194106j:plain

 

辣油は、揚げ昆布が入った自家製。むむ、コレ美味しいなあ

 

f:id:zakrello3906:20180518194158j:plain

 

定食使いをする人はダブルで頼めばよいよい

 

ツマミとしてはこれで十分だが、薬味の味変を楽しむのだったらもう一皿行っても良かったかも?優しい味わいで野菜多めの餃子ですが、物足りなさは感じずギュッと詰まった旨味がサイコ~ですね

 

さて、更新が遅れがちでひと月前のレポになってしまいましたが

 

今回は喰い呑みたおす所存であります!

 

今回の一言  「はたして、胃袋と肝臓は大丈夫か?」

 

2018年  56杯目

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のツマミたち~2018年春

さて、最近のおつまみたち

 

おつまみ作りや、晩酌がはかどるのは、生活に少々余裕があるときだ

 

次の日が休みだったりとか、仕事から少し早く帰ってこれたときとか

 

そして、朝からフリーな一日などは、煮込み系のおかず・ツマミを作るのに最適な日となる

 

f:id:zakrello3906:20180501185843j:plain

 

スペアリブ

この日は焼きつけた後に煮込むのに、水は使わず、焼酎と梅酒のみで煮込んでみた

 

f:id:zakrello3906:20180501190046j:plain

f:id:zakrello3906:20180501190303j:plain

 

完成!

青梗菜も添えて彩りも完璧!!

 

 

そして、お次も豚肉ですが

 

f:id:zakrello3906:20180501190507j:plain

 

「パイカ」豚バラ軟骨

「スペアリブ」の先っぽ。あばらの先の部分です。スペアリブに比べて安価に手に入る部位ですが、あまり売ってるのは見かけませんね、、、

真ん中にある白いのが軟骨の部分ですが、これが長時間煮込むことでとろとろになるんですよ~

 

f:id:zakrello3906:20180510014759j:plain

 

先ずは下ゆでして灰汁を取ります。ごぼごぼ出てきますなあ

 

f:id:zakrello3906:20180510015145j:plain

 

今回は一緒に肩ロースのブロックも煮て、チャーシューも作ります。前回チャーシューを作るときに出た煮汁を冷凍しておいたので、それをベースにして煮込みます

 

チャーシューはいつもなら焼き色を付けてから煮込むんですが、今回は行程を変えて、煮込んでから最後に焼きをつけることにしました

 

f:id:zakrello3906:20180510015717j:plain

 

途中で引き揚げて、醤油とみりんを配合したタレに漬け込みます

 

f:id:zakrello3906:20180510015911j:plain

 

1時間煮込んだくらいではまだまだ骨は硬いままです。ここで調味料を加えさらに煮込んでいきます。目安、、、5時間!!

 

f:id:zakrello3906:20180510020130j:plain

 

さらにもう一品

先日、京都で食べた「ミスターギョーザ」のキュウリの丸漬けを再現してみたいと思います。斜に切ったキュウリを希釈しためんつゆに漬け込み、さらにポン酢と一味を加えて放置するだけ

 

f:id:zakrello3906:20180510020718j:plain

 

良い感じになって来ました。軟骨はコリコリを通り越してプニプニに

お肉はもうホロホロです

 

f:id:zakrello3906:20180510020953j:plain

 

午前中から煮込み始め、夜にようやく完成

キュウリは2日位漬け込んだ方が美味しいですな。これはこれで美味しいんですが、イメージした味よりポン酢が爽やか過ぎたので、次回は改良しよう

 

f:id:zakrello3906:20180510021448j:plain

 

チャーシューは煮詰めたタレを焼き付けて完成

 

f:id:zakrello3906:20180510021614j:plain

 

うむ、このつくり方も良い感じに仕上がった

 

f:id:zakrello3906:20180510021743j:plain

 

煮汁ベースにカツオ出汁を合わせて作った宅麺。麺は揖保の糸の乾麺の中華麺

これも良い感じに仕上がりました~

 

肉ばっかりだが、作る前も後も、保存がきくので重宝するんですよね

 

さて、次回はなにを作ろうかな~

 

 

今回の一言  「煮込みは時間さえかければ、なんとかなるもんよ?」

 

皆様もお試しあれ

 

 

 

 

 

春の下町散策~亀有・金町~ののくら・金町製麺

3月24日(土)

 

年始から続いていた忙しさが一段落し、休日も多少余裕が出てきた

 

出かけられなかった昨年末から、いろいろやってみたいことを考えていたわけだが、最近になってひとつづつ潰せている。群馬行ったり、京都行ったり、、、

 

さて、今回はちょと気になっていた近場をお散歩してみよう

 

今年は気温が上がるのが早く、この日も風はやや冷たいものの、出歩くにはちょうど良い小春日和。東京の不忍の池のあたりでは、もう花見客でいっぱいの週末とのニュースが流れている

 

書いている今となっては、この日本当は何をするつもりだったのかは思い出せないが、少なくとも最初から予定があったわけではなかった。花粉はまだ猛威を振るっていたので、あまり出歩くつもりではなかったように思うが、、、

 

ちょっと気になるラーメン屋のツイートが偶然目についたので、マップを開き、周辺の地図を立ち上げてルートを決めたのは憶えている

 

昼時も少し過ぎ、柏を出て亀有に向かった

昼飯のラーメンついでに軽く散策程度の軽い気持ちである

 

f:id:zakrello3906:20180425132020j:plain

 

「手打式超多加水麺 ののくら」 さん

初訪問である

 

最近出来たお店だが、その麺のビジュアルをレポートで見るにつけて、是非味わってみたいと思っていたお店だ

 

店外に少々並びが発生していたので、食券を買って接続

暫くして店内待ちに進む。ベンチの前には製麺室が見える

 

f:id:zakrello3906:20180425132728j:plain

 

この店のキモであろう部屋はガラス張りになっており、表の通りからも見ることが出来る。時間によっては製麺の様子も見ることが出来るのだろうか?

 

なんて考えながら待っていましたら、すぐにカウンター席へ昇格~

 

f:id:zakrello3906:20180425133127j:plain

 

お待ちかねのコチラ。「ワンタン中華そば」 醤油で頂きました

 

ワンタンもしっかりとした皮質であるのが見てとれます

スッキリとした醤油スープはキリッとしたカエシ強めの醤油味

 

f:id:zakrello3906:20180425133436j:plain

 

持ち上げた麺をほんのりと染め上げ、非常に美味しそうです!

 

麺は想像よりも太目で、手もみのウェーブが良い感じです

 

うおお!さすがに凄い主張の麺だ!!

 

ぷるぷるの表層にさらに芯が潜んでいる感じのしっかりした麺で、咀嚼する心地よさがたまらない。しまった、これは大盛にすれば良かったなあ~

それほど味わい深い麺ですね

 

そんなに量は無いはずですが、しっかりとした満足感を感じ、外の風が気持ちいいですなあ。ハシゴも考えましたが、思ったより腹に溜まり、時間的にも厳しいかな?

 

さて、しっかり食べた後は腹ごなししましょう

 

f:id:zakrello3906:20180425135224j:plain

 

事前に調べてみたら、歩いて行けそうな距離だったので、柴又の方を目指してみることにする

 

f:id:zakrello3906:20180425135848j:plain

 

まあ、有名な所ですよね(笑)

日本で一番、名の通っている警察署ではないでしょうか

 

f:id:zakrello3906:20180425140105j:plain

 

帝釈天の方までやって来ました

観光客で賑わう参道を抜けて進みます。途中食べ物の誘惑は多数ありましたが、我慢我慢ね(笑)

 

f:id:zakrello3906:20180425140205j:plain

 

桜は少し開き始めたといった感じ

 

軽くお参りして回り、江戸川の方まで足を延ばしてみる。川に近づくとさすがに風は冷たい。川辺をしばしふらふらと。一旦引き返して柴又の駅前まで戻り、電車に乗ろうかと思ったが、さらに腹ごなしの為と、歩くのが気持ち良かった為、金町駅までそのまま徒歩で向かうことにする

 

時間はまだ夕方。せっかく金町まで来たのだからと寄りたいお店もまだ開店前で

 

f:id:zakrello3906:20180425141051j:plain

 

気が付けば何故か北千住の居酒屋に居ました(笑)

ここ「じんざえ門」は昼過ぎあたりからやっている有難いお店

 

すでに大賑わいでしたが、カウンターの席の空きが有り滑り込むことが出来ました

 

f:id:zakrello3906:20180425141356j:plain

 

ちょっとした時間つぶしです~

とりあえず喉を潤し、出汁巻と串ものでちょいちょいとね~

 

週末と言うこともあり、店内の客層は様々。女子会と思しき面々や、大声で笑い合っている壮年のおじさん達。メニューを覗き込むカップルや、店内のテレビの相撲を見ながらちびちびやっている老人も

 

隣のおじさんは日本酒を頼み始めましたが、ここはぐっと我慢やで?

 

メニューもいろいろあって、良い感じの雑多さがあり、ここは又来たいなあ

 

さて、アイドリングも済ませ、時間も良い頃合いになったところで、本命に向かうとしますかね~

しかしながら、出かける時点ではここまで回ることは想定していなかった為、スマホの電池がヤバい事に!節電節電っと、、、

 

f:id:zakrello3906:20180425142642j:plain

 

はーい!おかえりなさーい!!

と金町までとって返し、「立ち呑み居酒屋 金町製麺」までやって参りました

 

f:id:zakrello3906:20180425143012j:plain

 

ここで呑むために、日本酒は我慢してたんやで?今日は呑んだことの無いお酒が結構ありますね~

 

f:id:zakrello3906:20180425143150j:plain

 

「澤の花 花あかり」長野のお酒です

 

f:id:zakrello3906:20180425143528j:plain

 

そして、チェイサーにウーロン茶。最近の二日酔い予防の最強ジンクス!

 

f:id:zakrello3906:20180425143842j:plain

 

「自家製 なめたけと山芋和え」

なめたけと山芋のシャキっとこりっとヌメッとした食感の妙が良い

 

f:id:zakrello3906:20180425144317j:plain

 

「賀儀屋 純米おりがらみ」

 

そして、もうここら辺で、〆というか、ツマミでこちら達を頂くことを目論む

スマホの電池も花粉症の薬も切れかけてきたので、ペースを上げざるをえない(笑)

 

 

f:id:zakrello3906:20180425145000j:plain

f:id:zakrello3906:20180425145129j:plain

 

「仙台牛の脂そば」

汁なし系なら、ツマミにもなるんだぜえ~

 

f:id:zakrello3906:20180425145318j:plain

 

日本酒から切り替えたサワーによく合うのだわ!

 

f:id:zakrello3906:20180425145830j:plain

 

そして〆には「稲庭中華そば」

なにコレ!アッツ熱のスープがすんごいウマいんですけど?

 

f:id:zakrello3906:20180425150303j:plain

 

この麺もうんマイ!

稲庭といえば干しあげた乾麺なのだが、稲庭うどん同様のコシとしなやかさが同居した麺肌に驚愕!

 

すげえなコレ!乾麺には乾麺なりの良さがあるんですねえ

 

麺をほぼすすり終わっても風味高いスープはアツアツのままである

染みる一杯。〆のラーメンにこれほど最適な一杯があるだろうか

 

花粉症で荒れた喉を潤しながら、飲み干した後には多幸感が押し寄せる!

 

いやあ、この一杯はちょっと予想以上に最高だったな~

 

ちょっとした昼飯がてらの散歩のつもりが、大分長い散策になってしまったが、いやはやなんとも満足満足

 

充足した休日となりました

 

今回の一言  「近場の散歩&呑みも味わい深く良いもんだ」

 

2018年  48・49・50杯目

 

ようやく50杯、、、今年はペース遅めです、、、

 

 

 

 

 

 

 

ウィークエンダーズ~京都ふらり旅④ トンボ返りの巻

3月17日(土)

一夜明けて週末の土曜日、17日

 

京都に居ますが、この日の夜は千葉で会合があるんです

 

まあそれまでに戻らなきゃいかんってことで

 

 

さて、早く起きるつもりが、案の定起きられず

チェイサーウーロン茶伝説のおかげで(チェイサーにウーロン茶を飲むと二日酔いにならないというマイジンクス)二日酔いは華麗に回避しましたが、先日があまり寝て無かった所為か、なかなか寝床からはい出ることが出来ず

 

宿を出たのは9時過ぎ

まだ開店準備も始まったばかり位の錦市場の通りを抜けて歩く

昨日の雨もあがって、本日は快晴

 

f:id:zakrello3906:20180413232559j:plain

 

今回はホテルの朝食はすっ飛ばして、以前から気になる喫茶店でモーニングしようって訳でして

 

今までは宿を駅前でとっていたので、朝に四条の辺りまで行くのはちょっと遠かったんですよな。今回は宿が四条の辺りでしたので、行ってみようかと

 

ですが、本来なら7時の開店に間に合わせるつもりだったんですが、、、

 

f:id:zakrello3906:20180413233816j:plain

 

開いているお店も何軒かありますが、週末の朝と言うことでしょうか。人通りも少なく閑散とした様子。通勤といった人達も、今日は少ないんだろうな

 

f:id:zakrello3906:20180413235220j:plain

 

さて、そんなこんなで目的のお店に着いたわけなんですが

 

もうすでに行列が!

 

30分位並びましたかね、、、

 

f:id:zakrello3906:20180415232749j:plain

 

スマート珈琲店にやってまいりました

 

f:id:zakrello3906:20180415232928j:plain

f:id:zakrello3906:20180415233040j:plain

 

まあ、ホットケーキが食べてみたかったんですね

パンケーキではなくホットケーキ。しっかりと焼き上げられたホットケーキでございます~。シロップ、バターはそりゃあもうビタビタに漬けますし、掛けます。

むぎゅっとしたのに、甘いのが染みて、しっかりと美味いホットケーキでしたが、、、

 

優雅な朝のコーヒータイムを想像していたんですが(笑)

観光客多くて落ち着かないなあ~(まあ自分も観光客ですが)

 

ちょっと期待していた朝の雰囲気とは違って、やはり平日に来ないとだめですかね~

 

さて、腹ごなしにお散歩

 

良い日差しで、気温も上がってきて、昨日とは打って変わり上着が熱い位に

 

f:id:zakrello3906:20180422142743j:plain

 

京都御苑を一回り

 

そして

 

f:id:zakrello3906:20180422143456j:plain

 

おお!良く我慢したな俺!

 

今考えても、朝のホットケーキだけで我慢して、早々に昼の新幹線に乗り込めたのは奇跡だな。本日は夜があるから控えるつもりではいたが、、、良く我慢した!!

 

(ビールは我慢できてない、、、)

 

そんなわけで、欲望断ち切り早々に撤退~

 

一旦、家に戻り、身を清めてから出直し~

 

f:id:zakrello3906:20180422144001j:plain

 

天王台 「めし屋 味日和」にて

仲間たちとの楽しい宴~これも一般人らしい週末の夜の正しいカタチ

 

かんぱあああい!!

 

f:id:zakrello3906:20180422144342j:plain

 

色とりどりのおちょこに持ち替え、さらにかんぱあああああい!!

 

 

f:id:zakrello3906:20180422144426j:plain

f:id:zakrello3906:20180422144448j:plain

f:id:zakrello3906:20180422144513j:plain

f:id:zakrello3906:20180422144539j:plain

 

美味しい料理と~

 

f:id:zakrello3906:20180422144634j:plain

f:id:zakrello3906:20180422144736j:plain

f:id:zakrello3906:20180422144834j:plain

 

美味しいお酒たちを心行くまで頂きました~

 

仲間と一緒だと、お酒も料理もちょっとづつシェア出来るのが良いし、こと日本酒に関しては感想を語り合えるのが楽しいですねえ~

 

余力を残しておいたおかげで、たーーーーぷっりと堪能できました!

 

f:id:zakrello3906:20180422145446j:plain

 

〆の御飯を頂いた後にも

 

f:id:zakrello3906:20180422145515j:plain

 

宴は続く~

 

朝から夜まで、凄く濃い一日になりました

 

久しぶりの連休は、かなり贅沢な旅になりましたね~

 

まだまだ、呑み足りない、食べたりない、周り足りない、と欲望は尽きませんが

それが次回への足掛かりになるんだよなあ~

 

旅も宴も、次回が楽しみです!

 

今回の一言  「次回も楽しみです(伏線)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまごの中の欲望~京都ふらり旅行③

3月16日(金) その参

 

出汁巻~出汁巻と

 

祇園の居酒屋「遊亀」にて、昨年からの欲望を満たし、雨は上がったもののそら寒い京都の路地を酔い醒ましにとりあえず歩く

 

食事はそこそこに、腹具合はまだまだ余裕がありますが

疲れと眠気から、酔いは結構回っております

次の目的地はそんなに離れていませんが、インターバルは必要かと

 

f:id:zakrello3906:20180412114801j:plain

 

時間は20時過ぎ。祇園の夜としてはそんなに早い方ではありませんが、天候不順と寒さの為か、週末にしては人通りも少な目かな

 

適当に路地をふらふらと、1時間ほど歩いていたでしょうか

 

そろそろ良い頃合いかなと、2軒目のお目当てに向かいます

 

f:id:zakrello3906:20180412115633j:plain

 

繁華街から路地を抜け、巽橋を渡った祇園白川の辺り、辰巳大明神のすぐ近くの細い路地を少し進んだ先に、お目当のお店があります

 

f:id:zakrello3906:20180412120142j:plain

 

ぶれぶれでスミマセンね

こんな感じの路地の入口。事前にリサーチしていたのでわかりますが、初見では見過ごしてしまいそうなお店が、京都にはいっぱいありますね

 

f:id:zakrello3906:20180412120352j:plain

f:id:zakrello3906:20180412120413j:plain

 

その細い路地の途中

 

「小鍋屋 いさきち」さんがあります

 

 

深夜までやっていることもあり、2軒目使いにも重宝しそうですが、前回までは1軒目で飛ばしすぎて行きつけなかったのと、暑い時期の訪問ばかりでしたので、、、

 

今日は腹具合もセーブし、尚且つ湿った寒い空気の中、良いロケーションと言えましょう。ずっと来てみたかったお店です

 

路地に相まった狭い店内。小上がりは2卓ほど。カウンターは調理場と近くそして最大の特徴がカウンターにしつらえられたIHのヒーター

 

これでお鍋を頂くわけですね

 

f:id:zakrello3906:20180412121643j:plain

f:id:zakrello3906:20180412121827j:plain

 

ふおおおおお~

たまりませんねえ

 

仕込みはカウンター越に、ご主人がやってくれます

寒い外からこの風景はホント、たまりませんねえ~

 

f:id:zakrello3906:20180412122346j:plain

 

黄金色に輝くお出汁に具材が泳ぐ様は、見ているだけで楽しめます

先ずはビールで一杯やり、お通しのおから(柚が散らしてあってこれが又美味しい)を煮えるのを眺めながらちびちび

 

f:id:zakrello3906:20180412122625j:plain

 

たまりませんねえ~

 

素材のうまみの染みだしたお出汁を頂く。いやあ、これだけでもずっとすすっていたくなる

 

f:id:zakrello3906:20180412122944j:plain

 

2杯目はちびちびやるのに日本酒にチェンジ

くつくつと熱い小鍋をつつきながらちびちびやれるのは、最高のシチュエーションではないでしょうか?

 

あとに残った出し汁も余すと来なく頂いて、、、これ、ご飯をドボンしても最高だろうなあ~

 

f:id:zakrello3906:20180412123151j:plain

 

そして、また「出汁巻」

 

あれだけ美味しいお出汁の小鍋なんだから、当然美味しい「出汁巻」

何種類かあるうちから、納豆の出汁巻を頂きました

味の染み具合、そしてこのとろとろ具合がたまりません~

 

いやあ、落ち着きますねえ

 

っと、くつろいでおりましたら、、、睡眠不足?歩き疲れ?

 

急速に酔いが回って来ましたと共に睡魔が、、、

 

あ、やばい。これは長居したら墜ちるな、、、

 

もう一杯、小鍋を頂きたかったんですが、腰を上げることにしました

 

ここいらへんの、酒に対する耐性は、体調、コンディションによっても大きく変わりますね。腹具合はまだまだだったんですが、酔いと睡魔が、今回はいかんともしがたい

 

正直、自分にしては珍しく、ここら辺の記憶がやや曖昧です

 

酔い醒まし、眠気覚ましと、ふらふら歩いて歩いて

 

大通りは選ばず、蛸薬師通りを烏丸方面に歩いて行ったんですな

 

f:id:zakrello3906:20180412125945j:plain

f:id:zakrello3906:20180412130109j:plain

 

f:id:zakrello3906:20180412130135j:plain

 

でもしっかりと〆ラーはしていたという、、、(笑)

 

リサーチ無しでふらっと立ち寄ったお店

「麺匠 たか松」 烏丸店の方でした

 

つけめん推しのようでしたが、ボリュームメニューを想像したので、優しそうなコチラ

〆にはぴったりの1杯でした

 

途中、後客の隣の人のつけめんのビジュアルを伺ったんですが

あら?細麺のおいしそうな感じ?

次回はこれかな?

 

宿に着いたらもうバタンでしたね(笑)

ふやけた頭で、コンビニでデザートなんて買い込んでましたが、食べたのは翌朝になりましたとさ、、、

 

今回の一言  「親子丼から出汁巻から、、、卵食べすぎかな?」

 

2018年  45杯目

ラッキー危機一髪~京都ふらり旅行②

3月16日(金)その弐

 

さて、宿に落ち着き、冷えた肺を温めるべく、お茶をすすっておりました

 

 

何となしに、今から向かう居酒屋の情報を調べてみた

何回か行ってるお気に入りの所なので、調べるべくもないんですが、、、

 

ちょ、やべ!

 

開店時間勘違いしてたわ!!!

 

この居酒屋さん、結構人気があるんですが、1階のカウンター席は予約を取らず、開店前に並べば、確実に入れるという所でありまして

しかも、そんなに前から並ぶのは粋ではないとばかりに、皆さん大体開店10分前あたりから並び始めるので、15分前から並び始めれば余裕~なんですが、、、

 

逆に、それを逃すと、あっという間に席が埋まってしまうという!

 

やべえええええ!

あと20分しかないじゃああん!!

 

ダッシュ

ダッシュです!

京都四条の大通りを、人並み縫ってダッシュ!!!!

 

これが目当てで来ているのに、入れませんでしたでは済まされない!!

 

ええい、おまえら!どけ!どきやがれ!のんびりと歩いてるんじゃあなあああい!

 

 

 

心中察してください。他の観光客の皆様、地元民の皆様、申し訳ございませんでした

 

しかしながら、なんとか7分前に到着、店正面から角に折り返した所位で、なんとか列に接続~、小雨なのも幸いだったか、入店するととりあえず調理場が見えるカウンター席をダッシュもとい奪取できました~

 

さて、あらためまして

 

f:id:zakrello3906:20180403030935j:plain

 

居酒屋「遊亀」祇園

祇園は八坂神社からのメインストリートからちょっと入ったあたりにあります

 

近年、何回か京都にはお邪魔していますが、空いていれば必ず立ち寄るこのお店

前述のとおり、予約なしでも入れるというのは大きなポイントですが、なんといっても、このお店の総合力の高さには目を見張るものがあります

 

祇園の街中という立地にあって、料理善しコスパ善し雰囲気善しお酒善し

気取らず、居酒屋然としていながら、料理はかなり本格的という嬉しいお店なんです!!

 

f:id:zakrello3906:20180403104631j:plain

 

カウンターの前には、お万歳風に本日おすすめの食材が並んでおります

奥の調理場では、職人さんたちが様々な料理をこしらえる様が間近で見られます

 

f:id:zakrello3906:20180403104826j:plain

 

そして、日本酒!ここは滋賀の酒造さん直営の居酒屋さんなので、銘柄は「長寿 金亀」のみですが、精米歩留りごとにラベルの色がありそれをリーズナブルに味わえるのが非常にうれしい

注文が始まると、あちらこちらから、「白」「茶」「黒」と聞こえ渡ります

 

先ずは私めも一杯注文

アイドリングは「緑」で行きましょう

はあはあ、、、

ようやく息も整ってきましたが、お酒を旨く飲むための事前運動と思えば良いのだ

 

f:id:zakrello3906:20180403105458j:plain

 

カウンターから身をのり出し、トクトクトクっと

受け皿に溢れさすのはよくある事として、おいおい、皿からもこぼれているジャンよ~モッタイナイナア~

 

ちびり

 

いやああ、美味しい!緑の精米歩留りは60。ちょうど良い感じのフレッシュさ、爽やかさと、旨味のバランス。いいですねえ

 

さささ、料理も頼まないと乗り遅れるぞ!

 

f:id:zakrello3906:20180403110041j:plain

 

本日の出演者

この他に壁を埋め尽くす短冊や、定番のメニューの冊子があります

 

先ずはさっと出てくるものとしてお造りかな。お造りの三点はネタを選べるのですが、おまかせで行きましょう。そして、手間のかかる「アレ」を早速早めに注文

 

そして、最近のジンクス。チェイサーにウーロン茶を飲むと二日酔いしない伝説として注文。走って喉も乾きましたしね

 

f:id:zakrello3906:20180403110747j:plain

 

おお、豪華!雲丹、本マグロ中トロ、天然の真鯛

 

ちびちびやっておりますと

 

本日というか、今回の旅行のメインが登場!

 

f:id:zakrello3906:20180403111145j:plain

 

この「出汁巻」が食べたくて食べたくて仕方なかったんじゃあああああ!!

 

初めて頂いたときに、その味の深さに感動した一品。出汁巻ってこんなに旨かったのかと目から鱗が落ちて以来、方々の居酒屋でも「出汁巻」があるとほぼ必ず頼んでいる次第ですが、ココのはホントに美味しいんだよ!

 

よく京都っていうと「お出汁」「お出汁」っていうけど、それホント。この卵に封印された出汁の旨味がタマラナイのよ!

 

いやああ、今回も美味しい!これで今回の旅の7割は達成したも同然!

 

f:id:zakrello3906:20180403111817j:plain

 

さあ、どんどん行きましょう

お次は「しぼりたて」頂きます

 

f:id:zakrello3906:20180403112104j:plain

 

旬の食材から「筍」。塩かタレを選べるので、タレで頂きます

この歯ごたえは良いアクセントだ

 

f:id:zakrello3906:20180403112438j:plain

 

そして、もう一本行きましょう!

今度はノーマルのではなく

 

f:id:zakrello3906:20180403112552j:plain

 

明太子丸ごと封入の「明太出汁巻」!!

 

これもウマーい!!

 

f:id:zakrello3906:20180403112931j:plain

 

よし、次は「にごり」行ってみよう

 

f:id:zakrello3906:20180403113018j:plain

 

そして、またもや盛大に溢れさす~モッタイナイ(笑)

 

f:id:zakrello3906:20180403113400j:plain

 

そして目の前に鎮座していたホワイトアスパラ

煮る焼く炒めるとなんでも出来るとおっしゃるので

 

f:id:zakrello3906:20180403113525j:plain

 

炒めで頂きました

見た目も春らしく、和が続いたところで洋のアクセント

 

数席先では「焼き」を注文していたな

 

次がラストの一杯にするかな

 

と、数席先のカウンターで気になる注文が目に入りました

グラスに注がれる琥珀色の液体。一升瓶から注がれているので、梅酒とか洋酒ではないみたいだが、、、?

 

古酒の類かな?

気になって同じものを注文

 

f:id:zakrello3906:20180403114018j:plain

 

以前、「古酒」と言うのを飲んだ時、独特の旨味の深さがかなり美味しかった記憶があり、そんな感じを想像していましたが(色的に)

 

うわ

 

これ、お酢だわ(笑)

と思える位酸味の強いお酒

 

f:id:zakrello3906:20180403114307j:plain

 

「赤」の100。つまりは

精米歩留り0%(笑)

 

磨いてないから値段も安い~(笑)

 

と、美味しいお酒に美味しい料理

時間がたつのはあっという間

 

さっと呑んでさっと出ていくのが「粋」なんでしょうが

久々の来訪で舞い上がってしまいました

 

混み合いにつき、制限時間がやって参りましたので退散することにいたしましょう

 

さささ、今日は次もあることですし、先ずは歩いて酔い醒ましかなああ~

 

 

今回の一言  「出汁巻」

 

これに尽きますね、、、

 

 

 

 

今日とは(京都は)ある日突然に~京都ふらり旅行①

3月16日(金)

 

連休があると、何処か遠くへ行きたくなる

 

そういえば、旅行らしい旅行は、昨年の北海道以来行っていない

連休がある度画策はするんですよ

 

秋から年末年始となにかと忙しく、家の用事も有ったりして

先月は行きかけたんですが、ちょっとお流れに

 

今回も2日目に用事が入っていましたのでどこか近場と考えましたが

 

ええい、行ってしまえ!

出発の2日前の夜に、宿や新幹線の手配を急遽行う

そこから準備開始

 

ウォークマンの中身を整理

着ていく服を選ぶ

 

さて、ここで問題~暖かいのか寒いのか~

 

この時期、寒暖の差が激しく、天気予報をチェックしていると日々予報が変わる変わる!しかもここ数日は初夏もかくやと言う位、小春を振り切った日和が続き花粉も猛威を振るい~さあ、どうしよう

 

最高気温と最低気温を前日夜に最終チェック~結局は「寒い」ということになりました。しかも雨かあ

 

シャツに上着のつもりでしたが、タートルのセーターをチョイス(花粉症が肺に来る自分は胸を冷やすのがこの時期ご法度)

インナーは調整の為、2種用意。一応胸に貼るカイロも用意

 

上着はやや薄手の短丈のオイルドジャケットにした。一応雨対策。ブーツとジーンズはいつものヤツ

 

いつもの旅カバンのショルダーに、必要最低限のものを詰め込み、準備完了

 

しかしながら、前日の夜は仕事場でちょっとしたトラブルがあり、寝るのが午前様になってしまった。寝坊したらシャレにならんなあ~

 

なんとか起きれた当日朝。しかし、あったかいですよ?

出だす直前に帽子を放棄した。雨だからホントは被っていきたかったが、蒸し暑いのもごめんだし、脱ぐと邪魔になるからなあ

 

さて、予定よりやや早く進み、東京駅では小一時間空きが出来てしまった

駅地下のグランスタを散策するも、まだお店も開いてません

まあ、ふらふらと時間潰し&情報収集

なんせ、今回は準備期間が少なかったし、軽い目星しかつけて無いからなあ

マップ開いてルートスケジューリングです

 

おっと、そういえば、まだ目的地を記述してませんでしたね

 

軽く、京都です!

 

f:id:zakrello3906:20180320153407j:plain

 

7:30の博多行の「のぞみ」で出発予定

各停車駅を見ていると、さらにその先にも行きたくなってしまうからヤバイな

 

さて、今回の旅は、あまり無茶はせず、のんびり&補完がテーマである

 

飲み食いに対しては、今回はホントに無茶はしない!

近年の京都は4回目だが、以前行って良かったところをメインに、行きたかったが断念したところを中心に。そしてあえてラーメンを外す!

 

のんびりと、余裕をもって、腹具合も八分目をモットーに、、、するよ、、、たぶん

 

さて、前回までの朝は朝の新幹線から駅弁屋で購入の崎陽軒のシューマイをつつき、一番搾りって感じでしたが

f:id:zakrello3906:20180320160139j:plain

 

これ、前回のね

 

弁当じゃなくて、シュウマイ単品で朝から一杯てのは良かったんですが、朝から飛ばしすぎて、夜ハシゴ酒まで行き着かなかったのが前回の反省

 

まあ、自分で言うのもなんですが、毎回毎回、呑みすぎ食べ過ぎなんだよ

 

f:id:zakrello3906:20180320160512j:plain

 

今回は健康的!東京駅のベーカリーで買ったパンにコーヒーで軽く済ませます

いいぞ、出足は好調だ。余裕が大切だ!

 

寝不足だったので、新幹線でゆっくり寝ればいいやと思っていましたが、寝過ごしも怖くて結局うとうとしかできませんでしたが、、、

 

2時間ほどで到着

 

こう考えると近いですねえ。軽く来れちゃいますもんねえ

 

さて、新幹線の窓に着き始めた雨粒から、雨というのはわかっていましたが

 

f:id:zakrello3906:20180320161325j:plain

 

荒ぶる鴨川!!

 

風が強く、橋の上では危うく傘が壊れそうになりましたよ?

しかも、予想以上に寒い!まあそれは気にしないんですけど。暑ければ暑きを楽しみ、寒ければ寒きを楽しむのも旅の醍醐味ですから

 

底冷えと言う程ではなく、逆に歩くのにはちょうど良いかも

 

そう、今回は、極力「歩きます」!!

 

のんびり散策とカロリー消費を狙い、歩く!

実は歩くのは大好きで、特に旅に行くと、街中を意味もなく歩きます

街の雰囲気を感じるには歩くのが一番です

 

先ずは鴨川沿いをと思ったが、風が強くやめた

ならば、清水寺から祇園に抜けるあたりを歩こうと思い

七条のあたりから東に入り、三十三間堂の辺り通って北に折れ

清水寺の坂の入り口あたりもさらに北上し、二年坂の辺りに出て

そこから八坂神社の方に抜けていく

 

 

雨の所為もあろうか、又、何回か歩いたこともあるせいか、歩くペースも上がり、予定より早く祇園界隈まで来てしまった。まだ12時になっていない位

 

さて、お昼は何にしよう

 

京都に来て食べたいもの。今回はラーメンは封印。昼も酒は封印。となると、うどんか丼ものが食べたいところ。祇園近くだと、うどん屋さんは常盤あたりが良いと思うが、ここは、まだ食べていない「親子丼」で検索してみよう

 

まずは、「ひさご」がヒットするが、今回はビジュアル的に「とり新」さんにしてみようと思う。

 

f:id:zakrello3906:20180320165556j:plain

 

祇園白川のあたりにある、夜は鶏すき焼きが有名なお店。坂本竜馬も好きだったとか?

 

お昼はリーズナブルな親子丼のみを提供するお店で、昼の入り口は別にある

 

f:id:zakrello3906:20180320170040j:plain

 

白川南通り側に面した方がお昼の親子丼の方。路地の角には親子丼って矢印とともに書かれた看板が、ちょんと置いてある(笑)。曲がってみて納得。こちらが昼の本命の入り口です

 

f:id:zakrello3906:20180320170427j:plain

 

良い感じの看板ですね~

 

さて、行列を覚悟していたんですが、開店15分前でも誰もいません。戸惑ってふらふらしていましたが、誰も並ぶ様子が無く、5分前辺りからはじっと入り口に立っておりました。なんとなくこちらをチラチラみていた女性の方も同じ気持ちだったのかもしれませんね

 

さて、定刻チョイ前に中から声がかかり、ほっと胸をなでおろして店内へ。もちろん一番乗り。メニューは親子丼のみなので、頼まなくても作り始めます。

出されたお茶でほっと一息

ちょっとしたら件の女性も入って来ました。やっぱりここ狙いだったんだな。その後は次々とお客様入店。

 

静かな店内に、職人さんが卵をかき混ぜる音が響きます

 

f:id:zakrello3906:20180320172130j:plain

 手元は見えませんでしたが、鶏の切身が菜箸でつままれ、ひょいひょいと

狭い店内、調理場。動線は最小限。きびきび動いてこなしていきます

今かと待っておりますと

 

f:id:zakrello3906:20180326014343j:plain

 

着丼!

ビジュアルの通り、鶏肉が主張する親子丼。粕汁と昆布の佃煮と漬物付

 

f:id:zakrello3906:20180326014732j:plain

 

今まで京都で食べた丼物は卵がふわふわに主張する感じのものでしたが

こちらは鶏料理屋さんらしく鶏肉が主役。半熟と黄身のとろりとした味のコントラストを楽しみながら、ギュッと身のしまった鶏肉を絡ませていただく

出汁感は低めで、素材の味が濃い感じの親子丼です

 

f:id:zakrello3906:20180326015335j:plain

 

つゆも少な目なので、卵と鶏の味の濃さがはっきりとしてます

ネギはもちろん九条ネギで、シャキッとした歯ごたえが良いアクセントですね

 

これで750円は安いなあ。しかも祇園の一等地ですよ?

 

あっという間に平らげて、混み合ってきたので早々に店を発ちます

 

さて、さくっと昼を済ませたおかげで、やや時間にも余裕が出来たので~

 

f:id:zakrello3906:20180326020511j:plain

 

近くでデザートをば

 

ロケーションは良い甘味処でしたが、お味はまあまあ、お値段高めでしたかね

居心地は良かったですが、、、

 

その後は腹ごなしついでに少々観光を

 

前回、時間の関係で端折った「南禅寺」あたりをうろうろ

 

f:id:zakrello3906:20180326021230j:plain

f:id:zakrello3906:20180326021657j:plain

f:id:zakrello3906:20180326021739j:plain

f:id:zakrello3906:20180326022004j:plain

 

時折小雨がチラつき、非常に寒いです

 

f:id:zakrello3906:20180329174721j:plain

 

出来れば、新緑か紅葉の時期に来てみたかったですね

 

時間を逆算して観光

 

南禅寺から四条の室町あたりまでは結構距離があるので、南禅寺からは足早に撤退

午後からは止む予報だった雨は冷たく降り続いていて、傘なしではちょっときついか。帽子を持ってこなかったのが悔やまれる。

 

この冷えた空気は花粉症の肺にきついなあ

多少ゼヒゼヒいいながら、なんとか宿までたどり着き、チェックインのサインをする時は手が固まってました

 

部屋で熱いお茶を煎れて一息。冷えた肺を温めます

タブレットを立ち上げ周辺の地理のチェックなどを行っておりましたが、、、

 

実はこの時、とんでもない勘違いをしていたのでした

 

さて、いったん「続く」といたしましょう

 

今回の一言  「かーなーりー歩きました」