読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トオクニイキタイ

酒とラーメンへの逃避行です。たまに本当の旅にも出ます。気が向いたときに更新します。

東北旅行⑥秋田最終 そして

f:id:zakrello3906:20170206125312j:plain

 

いきなり朝ごはんです

1月18日 東北旅行も最終日

昨晩は〆までしっかり食べてしまったので、食べ放題ですが朝は軽めに

秋田っぽい品をチョイスしました

 

f:id:zakrello3906:20170206125841j:plain

 

秋田出発までの間、しばし散策と思いましたが

雪がけっこうバシバシ降ってますよ

 

仕方なく駅周辺で時間つぶし

実家へのお土産を買って~

 

f:id:zakrello3906:20170206130257j:plain

 

秋田のお土産といったら「金萬」だろ!!

駅のお土産コーナーは朝早くから開いてるのがうれしい

自分の分もバラでひとつ買ってぱくつき~

 

f:id:zakrello3906:20170206130639j:plain

 

外に出たらもう晴れてるわいな

東北らしいなあ

 

さて、本日は奥羽本線にて南下。ちょいと寄り道をして、山形の新庄から新幹線にて帰途につく予定

在来線での旅を楽しむこととします

 

懐かしい秋田の地では、結局酒を飲んでラーメン食べただけとか(笑)

実はこのうろうろしている時点では、まだ計画は固まっていなかったり

このまま秋田を懐かしさにかまけてうろうろして、秋田新幹線で帰るとかもありだったんですが

 

いろいろ懐かしむ選択肢が多くて困りますが、まあとりあえず初志貫徹

 

さらば、秋田、また来るよ?

 

そして奥羽本線。こちらも昔一度だけ利用したことがあります

車を持っていなかった最初の学生時代、実家との行き来は鉄道を利用していたわけですが、いつもは常磐線特急で水戸から仙台へ(今は震災の影響で直通がありません)仙台から在来線で盛岡まで(新幹線使ってたかも?)盛岡から秋田まで田沢湖線特急といったルートで結構時間かかってました

しかし、一度だけ、青春18きっぷを利用して水戸~仙台~山形~秋田というのをやったことがあり、その時奥羽本線使ってるんですね。朝早く出て、着いたの夜だった記憶がおぼろげに

しっかし、昔のことけっこう忘れてるなあ

その時代、合間の昼飯に何食ってたとか全然覚えてませんよ?  トシだ

 

そんなことを考えながら、しばし電車に揺られていますと目的地到着

 

秋田は横手の十文字町です

 

f:id:zakrello3906:20170206220624j:plain

 

f:id:zakrello3906:20170206221144j:plain

 

目的は、つまり、ラーメンです

これも昔、一度友人と雪の時期に食べに来た記憶が(その頃は車を所有していましたので、車で。でも時期はこんな雪の時期でした)

 

f:id:zakrello3906:20170206221457j:plain

 

あ、おぼろげに記憶がある。たしかこの駅前の駐車場に車停めて歩いて行ったんだっけなあ。けっこう雪が降っていたっけ

 

その時行ったお店は、本日は定休日。残念。もう一軒の有名店に向かいます

駅から徒歩にて15~20分位かな。雪がちらついてまいりましたが、まあ、気にしない気にしない

雪道を歩くのも三日目ですが、雪の季節にわざわざ北へ旅するのにはこれが目的のひとつであったり

雪だろうがなんだろうが、街歩き好きなんですよね

 

f:id:zakrello3906:20170206222150j:plain

 

「元祖十文字中華そば マルタマ」来訪です

ちょうどお昼時。店内は8割程度の入り。テーブル、座敷、カウンターと結構広めの作りです。最初に会計を済ませるシステム

 

f:id:zakrello3906:20170206223458j:plain

 

本日もチャーシューメンを選択しましたが

少しあとから後悔。というのも

一般的な、お麩の乗る十文字ラーメンのスタイルから少しずれてしまうから~

 

程なくして着丼

 

f:id:zakrello3906:20170206223636j:plain

 

 

見事なまでに透き通ったスープ。麺が入ってなければ丼底まで見えるレベルです

早速ひとくちすすってみますと、脂分がほとんど無いのにアツアツ!煮干しや魚介の出汁のやさしいお味!薄いんじゃなく、やさしい。デイリーユースの見本みたいなラーメンだ

 

 

 

f:id:zakrello3906:20170206224340j:plain

 

そして、このボソちぢれ極細麺が特徴だ

やさしいスープをしっかり持ち上げ、するする入ってくる相性抜群の麺

噛みごたえとかは捨てて、すすることの楽しみに特化した麺と言える

連日のお酒と食べ歩きで食傷気味の胃袋にもスラッと入ってくる

この味は、逆に新進気鋭の最近のラーメン屋さんでは出てこないのではないだろうか?昔ながら、バージョンアップはしないが、する必要のない完結された一杯がここにある。そんな感じの一杯だ

 

あっという間に完食。逆に胃袋が目覚めた感じさえする

後続で店が埋まってきたのがなければ、もしかしたらもう一杯食べていたかもしれないなあ~

 

名残惜しいが店を後にする

ごちそう様でした

これは、是非、又来たいなあ~

 

そして、雪に降られながら駅へ引き返し、待合室で暖を取った後、再び奥羽本線

 

f:id:zakrello3906:20170206232117j:plain

 

晴れたり吹雪いたり、ころころ変わる天気

雪深い車窓をボックス席から眺めつつ、ああ、もう終わりか

 

わくわく感は失せ、覚え始めた疲労感からうつらうつら

いつものことだが、旅の帰りは嫌いだ

 

 

f:id:zakrello3906:20170206233329j:plain

 

そして、山形 新庄へ到着

本当に最後だ。時間に余裕は取らなかった為、早々に新幹線に乗り継ぎする

不思議とお酒を飲む気分にはならなかった

 

普通の旅よりも、妙な郷愁にさいなまれ、複雑な気分で東北を後にした

思いを馳せる過ぎた日々は、旅の始まりの二日前か、はたまた若き日のおぼろげな記憶か。入り混じり、上書きされた記憶を思い返し、また来ようと心に決めた

出来れば学生時代を一緒に過ごした友人と北の地で酒を酌み交わしたいものだ

 

ああ、そういえば職場への土産を買っていなかった

まあいいや、東京駅でgarrettのポップコーンでも買うか

怒られそうだけど